よくある質問

ホーム » よくある質問

よくある質問

会社設立・事業開始について

本当にどんな相談でも良いのですか?
はい、どんなご相談でも結構です。
よく「こんなくだらないことを聞いていいのかな」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、そのくだらないことの中に致命傷になりかねない落とし穴が潜んでいることもあり得ます。独断は非常に危険です。
細大漏らさずお話をうかがった上で、どのあたりがポイントでどこに注意するべきかを判断するのが我々プロの仕事です。まずはお気軽にご相談ください。
会計や税金のことは全く分からないのですが、大丈夫ですか?
はい。全く問題ありません。
経営者として、いずれは会計や税金に関する最低限の知識を持つことは必要だと思います。しかし、事業をスタートさせる段階ではそれらの知識は必ずしも必要ではありません。
まずは事業のスタートを切ることが重要です。ジャスト会計事務所は会計や税金の知識がない方であってもきちんとご理解いただけるような説明を心がけております。どうぞご安心ください。
何を相談すればいいのかすらわかりません。
とてもよくわかります。本当に初めて会社を立ち上げる、事業を始めるという方、実際にはみなさんそんな感じからスタートされていらっしゃいます。
とりあえず何をしたいかをご相談いただければ、会計や税金の観点からのアドバイスはできると思います。ジャスト会計事務所に限らず、いろいろな専門家からアドバイスをもらうことでビジネスがどんどん具体的になるはずです。まずはお気軽にご相談ください。

ジャスト会計事務所の業務について

どのようなクライアントが多いのですか?
業種は様々なのですが、やはり若くて勢いのある会社様が多いと思います。ちなみに農業からIT関係、建設、不動産、クリニックなどなど、幅広いお客様とお付き合いいただいております。
会計士や税理士の先生が対応してくれるのですか?
もちろんです。ジャスト会計事務所では、全ての業務につき専門家である会計士/税理士が責任を持って最終チェックのうえ対応いたします。 アルバイトが勝手に対応することはありませんのでご安心ください。
他士業との連携はあるのですか?
はい、もちろんです。若手士業を中心に横のつながりを重視し連携をとっています。また、士業以外、たとえばIT関係や金融関係、コンサルティングファームなどとも積極的に連携を図っています。
月次決算や事業計画作成もお願いできますか?
はい、大丈夫です。会社の規模が小さいうちは月次決算は不要かもしれませんが、ある程度の規模になれば月次決算など会計情報を利用した経営管理は必要不可欠です。ジャスト会計事務所ではお客様のご要望にお応えして、いろいろな管理体制の導入から運用までサポートいたします。
従業員教育などもお願いできますか?
お任せください。目的や従業員の方々のレベルに応じ、セミナーや個別指導など、できる限りリクエストにお応えします。
会計ソフトを買う必要はありますか?
かならずしも会計ソフトをご用意いただく必要はありません。
会計ソフトが必要かどうかは、会社の規模や事業内容に大きく関係しています。本当に小規模な事業であれば、必要に応じてエクセルで管理すれば十分だと思います。また、会計ソフトへの入力など経理の手間を省きたいというお客様には、ジャスト会計事務所の記帳代行サービスをお勧めしております。
なお、会計ソフトを買いたいというお客様には弥生会計をお勧めしております。通常よりも安く買えるはずですのでご興味がある方はお問い合わせください。
もうすぐ決算日を迎えますが、まだ何の記帳もしていません。どうすればよいですか?
ご安心ください。過去にさかのぼって記帳を代行いたします。まずは急いでご相談ください。
決算申告だけをお願いできますか?
はい。大丈夫です。決算申告だけでも承っております。
決算申告はどこまで対応してもらえますか?
おまかせ下さい。決算書の作成から、法人税や住民税、消費税の申告書の作成、納税額のお知らせまで対応いたします。また、ご希望であればe-taxやel-taxを利用した代理申告にも対応いたします。
領収書等を郵送して仕訳の入力をしてもらえますか?
はい、大丈夫です。記帳代行サービスをご利用ください。
電話で相談できますか?
もちろん、ご相談は大歓迎です。
電話でも結構ですし、メールやFAX、スカイプでもご相談いただけます。特にスカイプは打ち合わせとデータのやり取りとを同時に行えますので、非常に効率的なツールとして重視しております。
休日や深夜でも大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。事前にご連絡いただければ、電話やスカイプで対応可能です。また、スカイプの表示アイコンがオンラインになっていれば基本的に対応可能だと思っていただいて結構です。

節税について

節税対策ってやってくれますか?
はい、もちろんです。
節税対策こそ会計事務所の基本業務です。きちんと理論武装をすることで正々堂々と税金を減らすことができます、節税には積極的に取り組んでまいります。
節税について基本的な考え方を教えてください。
税金といっても色々な種類がありますから、それぞれの税金によって節税の考え方は異なります。もっとも一般的な「利益にかかる税金(法人税や所得税など)」に絞って話をすると、ざっくりいって

(収益 - 費用) × 税率 = 税金

として税金計算しますので、この税金を減らすためには

①収益を減らす
②費用を増やす
③税率を下げる

の3つの方法しかありません。
節税というと複雑そうなイメージがありますが、基本的にはこの3つのどれかの話だと考えれば良いのかなと思います。
収益を減らすのはどうやればいいのですか?
収益を減らすには、タイミングを変えるという方法と、収益そのものを消すという方法があります。
前者は、例えば3月の売上だったものを4月に回してしまう、という方法です。こうすれば確かに今年度の売り上げは少なくなりますが、その分翌年度の売上が大きくなってしまい、長い目でみれば意味はありません。もちろん、3月の売上を4月に回すためにはそれ相応の理由が必要ですし、理由がないのならそれは単なる脱税ということになってしまいます。
収益そのものを消すというのは、特殊な収益について各種条件を満たすよう整備して取り消す、という方法が考えられますが適用局面が非常に限定的です。少なくとも日常的な節税テクニックには該当しません。
費用を増やすのはどうやればいいのですか?
会社が支払ったもののうち税務上の費用になるものとそうでないものとがあります。費用を増やすというのは、まず支払ったものが全額税務上の費用になるように工夫するところから始まります。たとえば役員報酬、交際費と会議費、消耗品と固定資産、あたりがよく取り上げられるトピックです。まあ、節税と言っていますが、支払った額を費用として認めてもらえるよう頑張ろうということですので、正当な要求という意味合いの方が強いと思います。
次に、支払そのものを増やすという方法があります。これは実際に払うお金を増やしましょう、ということですので節税とは言えません。
そして、費用として取り扱うタイミングを早める、という方法があります。確実に支払うものであればまだ支払っていなくても費用にできる可能性があります。ただ、支払うことが分かった時に費用にするか、実際に支払ったときに費用にするかというだけの話ですので、長い目で見れば影響はありません。
最後に、損を出す、という方法があります。例えば、過去に100万円で買ったものの現在の価値が40万円しかないような場合、売却することにより売却損の60万円が費用になります。
税率を下げるのはどうやればいいのですか?
税率については、まず、個人事業か法人かという話があります。個人事業の場合、税金(所得税、住民税)は最小で利益の15%ほど、最大で利益の50%ほどになります。一方で法人の場合、税金(法人税等)は最大で40%ほどになります。このように、利益に応じて個人と法人とで税率の差が生じます。個人事業が得か、法人が得か、という話は、ひとつはこの部分のことを指しています。
そして、視野を海外に広げると、日本よりはるかに低い税率の国がたくさんあります。世界のトップ企業は各国の税制を詳細に研究し、税金の全世界最適を図っているそうです。
節税対策をする、しないで結果が変わるものなのですか?
結論から言うと、変わります。節税の方法が限られている以上、ドラマティックに変わることはありませんが、まったく対策しないのに比べれば雲泥の差です。

その他

いつか独立するのが夢です。独立って楽しいですか?
私も大手監査法人のサラリーマンを辞めて自分の事務所を始めました。正直、楽しいです。サラリーマンのときには味わえなかった楽しさを満喫しています。サラリーマンでは味わえない辛さも満喫していますが・・・楽しいか楽しくないかは人によると思います。
会社も個人事業もどちらも非常に不安定で厳しい環境に置かれているのですが、会社内にいるとその不安定さ、厳しさを味わう必要がないですよね。味わう局面もそうありませんし。目の前の仕事をこなすことがサラリーマンの役割であって、会社全体を環境適応させていこうというのはサラリーマンの役割ではありません(経営者の役割です)。その点、独立するとその不安定さ、厳しさをすべて一人で受け止めなければいけません。見なくてもよかったものを直視しなければならないというのでしょうか。それが辛いという人はいると思います。
一方、独立すれば、自分の好きな通りにやることが可能になります。もう無駄なルールに従う必要はありません。まあ、人を雇えばそうはいってられなくなるのですが・・・
あと、自分のアイデアを実際の形にして世に問うことはできますよね。それもスピーディーに。そのあたりが独立の楽しさだと思います。
成功する独立の条件って何だと思いますか?
初期投資を抑えることだと思います。後は社長のやる気とフットワークの軽さでしょうか。そして、一緒に汗をかいてくれる仲間は多い方がいいですよね。

お問い合わせはお気軽に