サービス案内

  • プロの相続技
  • スピード申告
  • 土地評価
  • 遺産分割協議書

相続税申告について

相続税専門センターの特徴

  • 低価格

    税理士報酬が他の税理士に比べて、平均50%も低くなっております。

  • 明朗会計

    明瞭会計で、税理報酬が決定してから業務を開始するため安心です。

  • ノウハウ

    相続税申告のノウハウがあるため、
    他の税理士よりも相続税申告額を低くすることができます。

  • スピード

    他の税理士よりも、早く申告することができます!

  • 相続税専門

    相続税申告専門の税理士は他にはほとんどいません。

  • 還付

    一度納めた相続税を取り戻すこともできます。
    平均500万円もの還付が受けられるといわれています。

  • 書面添付制度

    書面添付制度を採用しており、税務調査対策に万全です。

  • 面談無料

    初回の面談・相談が無料です。

平均で50%も低い税理士報酬

相続税専門センターは相続税を専門に取り扱っているからこそ、他の税理士よりも税理士報酬を安くすることが可能になります。
なお、料金が決定する前に業務開始することはございません。
税理士報酬についてお客様に事前に内容を丁寧にご説明し、了承を得た上で業務を実施致しますので、
料金がいくらになるのだろうと心配せずに安心してお任せください。

遺産総額 事務所A 事務所B 事務所C 相続税専門センター
1億円 52万円 85万円 50万円 20万円
3億円 157万円 115万円 150万円 70万円
5億円 262万円 145万円 250万円 100万円
10億円 525万円 215万円 500万円 200万円
上記データはインターネット上に公開されている情報に基づいております。
また、基本報酬のみの比較であり、量的加算報酬は含まれておりません。

料金の詳細はこちら

書面添付制度で税務対策も万全

書面添付制度とは、税理士法第33条の2に規定されている制度であり、この制度を利用する税理士は、申告書に”その内容が正しいということを税務署へ説明する書類”を添付し申告を行うことになります。

なぜこの書面添付書類制度が税務調査対策に繋がるかといいますと、通常税務調査は、申告内容の不明点や疑問点、申告漏れ財産が存在する可能性等を総合的に勘案して、調査を行うかどうかを決めます。

そこでこの書面添付制度を導入し、申告時に事前に税務調査でチェックされそうな事項について税理士が税務署に対して説明を行います。

これにより、この申告書はきちんとした税理士が適正に作成したものであり、不明点等も解決されているので、税務調査は行わないでおこうとなる可能性が高まります。

しかし、この書面添付制度は、その資料の作成に事務的な負担がかったり、また、適正でない申告書を提出した場合にはその税理士にまで責任が問われてしまうおそれがあるため、導入している税理士事務所はごく少数(僅か数%)しかないのが現状です。

相続税専門センターでは、相続税申告に書面添付制度を導入し、高品質で適正な申告を行うことで、安心の税務調査対策を行っております。

スピード申告

当事務所では初回面談時におおよその納期をお知らせ致します。
また納期の最短は1ヶ月~となっており、他の一般的な税理士事務所に比べてスピーディーな申告を行っております。
相続税申告期限ぎりぎりの場合でも、期限に間に合うようにご対応させていただきます。

スピード申告 例1 S氏の場合
相続発生日
2月1日
相続申告期限
11月1日(相続発生日より10カ月)
初回面談日
9月28日

相続税申告期限が近づいたころに、税務署から催促の連絡が入ることがあります。
S氏はその連絡を受けてあわてて税理士を探し、当事務所に訪問されました。
当事務所は以下のようなスケジュールでのご対応となります。

9月28日
初回面談時に料金を提示、金額に合意
9月30日
相続税申告の契約締結
10月1日~6日
登記簿謄本など各種資料の取得
10月7日
土地の現地調査実施
10月8日
遺産分割案のご提示&概算の相続税額の算出
10月15日
遺産分割案の決定&遺産分割協議書の作成
10月16日
遺産分割協議書に調印
10月17日~22日
相続税申告書の作成&相続税額確定
10月25日
相続税申告書へのお客様による押印
10月29日
相続税申告書提出

スピード申告の詳細はこちら

無料相談&面談のお申込み

お問い合わせ

トップに
戻る