相続税とは

相続税とは

相続税とは、亡くなった方の財産・遺産に課税される税金です。


3千万円に法定相続人の人数×600万円を加算した基礎控除と呼ばれるものを財産総額から控除した上で、 財産額がプラスになる場合に発生するものであり、場合によって何十万・何百万・何千万・何億と多額になる場合があります。
日本の総人口の5%が将来に多額の相続税を支払う可能性があります。


ただし、相続は100案件あれば100通りの方法またはそれ以上の方法が考えられる奥の深い世界です。
もし、対策が必要となった場合は、相続税専門センターにお問い合わせください。

お問い合わせ

トップに
戻る