こんなことではお困りではないですか?

こんなことではお困りではないですか? 一覧

不動産の相続特例について

2015年からの相続税は大幅に増税されます。

節税のポイントは、親(被相続人)の自宅土地などの

評価を最大8割減にできる「小規模宅地の特例(8割減特例)」を使えるかどうかは

かなり大きく関わってきます。

 

親の自宅を相続する場合、自分がマイホームを持っていなければ8割減特例を

使うことができます。

 

詳しくは、相続又は遺贈によって取得した財産のうちに、

相続開始の直前において、被相続人等(被相続人及び被相続人と生計を一にしていた親族をいいます。)の事業の用又は居住の用に供されていた宅地等(土地又は土地の上に存する権利〔借地権〕をいいます。)がある場合には、

相続等により財産を取得した者に係るすべての宅地等の200平方メートル又は330平方メートル(現行)までの部分のうち、

その相続人等の取得した宅地等(小規模宅地等)については、

通常の価格にそれぞれの区分に応じた80%又は50%の割合(下表)を

乗じて得た金額を減額して課税価格を計算します。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――

相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ

365日対応 土日・夜間の面談可能

〒650-0034 神戸市中央区京町67番 OTC神戸ビル6階

TEL:0120-834-677

https://souzoku-zeimu.com/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ
365日対応 土日・夜間の面談可能
〒650-0034 神戸市中央区京町67番 KANJUビル6階
TEL:0120-834-677
https://souzoku-zeimu.com/
――――――――――――――――――――――――――――

こんなことではお困りではないですか? 一覧

お問い合わせ