こんなことではお困りではないですか?

こんなことではお困りではないですか? 一覧

生命保険金について

死亡保険金に相続税がかかる場合があることをご存知ですか?

契約者(保険料負担者)であり、

被保険者でもある夫が死亡し、死亡保険金5,000万円を、

保険金受取人である妻が受け取りました。

この保険金のほかに相続する財産が1億7,000万円あり、

その財産は妻1億3,000万円、

2人の子供がそれぞれ2,000万円ずつ受け取りました。

なお、借入金の残り300万円、葬式代200万円、

計500万円を保険金から支払いました。

この場合の税金はどうなるでしょうか?

 

保険料負担者である被保険者(夫)が死亡した場合、

その死亡保険金は相続税の課税対象となります。

受け取った生命保険5,000万円は、「みなし相続財産」として、遺産の総額に含められます。ただし、この契約形態の場合は、「生命保険金の非課税」という税制上の特典があります。

――――――――――――――――――――――――――――

相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ

365日対応 土日・夜間の面談可能

〒650-0034 神戸市中央区京町67番 OTC神戸ビル6階

TEL:0120-834-677

https://souzoku-zeimu.com/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ
365日対応 土日・夜間の面談可能
〒650-0034 神戸市中央区京町67番 KANJUビル6階
TEL:0120-834-677
https://souzoku-zeimu.com/
――――――――――――――――――――――――――――

こんなことではお困りではないですか? 一覧

お問い合わせ