こんなことではお困りではないですか?

こんなことではお困りではないですか? 一覧

カテゴリー:こんなことではお困りではないですか?

相続税の計算方法について

相続税とはどのように計算されるかご存知ですか?

 

まず「課税価格」を計算します。

これは「本来の相続財産」+「みなし相続財産」 +「相続開始前3年以内の贈与財産」+「相続時精算課税による贈与財産」-「非課税財産」-「債務」という計算になります。

この「課税価格」から基礎控除額を引いた金額が「課税遺産額」となります。

よって、「課税遺産額」=「課税価格」-基礎控除額(5000万円+(1000万円×法定相続人の数)) となります

課税遺産額の計算

 

相続税額の計算

各相続人が、いったん民法に定める法定相続分にしたがって財産を取得したと仮定して、各相続人の「取得金額」を計算します。

「取得金額」=「課税遺産額」×法定相続分となります。

次に、その「取得金額」に「相続税の速算表」を使用して、

「各相続人ごとの仮定の相続税額」を算出します。

その算出された「各相続人ごとの仮定の相続税額」を足して、

「相続税の総額」を求めます。

納付税額の計算

「相続税の総額」を、実際に財産をもらった人の課税価格に応じて割り振って、

財産をもらった人ごとの税額を計算します。

税額控除・加算がある場合は、調整して「納付税額」を求めます。

――――――――――――――――――――――――――――

相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ

365日対応 土日・夜間の面談可能

〒650-0034 神戸市中央区京町67番 OTC神戸ビル6階

TEL:0120-834-677

https://souzoku-zeimu.com/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ
365日対応 土日・夜間の面談可能
〒650-0034 神戸市中央区京町67番 KANJUビル6階
TEL:0120-834-677
https://souzoku-zeimu.com/
――――――――――――――――――――――――――――

遺言書の種類について

残したい財産がある場合、遺言を残される方は増えています。

最近は就活ならず終活をされている方向けの

遺言書の書き方講座というものが開かれています。

遺言書の種類をご紹介したいと思います。

 

①    自筆証書遺言

最も簡単な遺言書の方式で、費用をかけずに作成することができます。

証人が不要なので、作成やその内容について秘密にすることができますが、

法律の定めに違反していたり、内容があいまいな場合には

遺言が無効になる場合があります。

また、遺言書の紛失や、発見者に遺言書の存在を隠されたりする可能性もあります。

自筆証書遺言は必ず家庭裁判所で検認を受けなければなりません。

その際、各種書類を取り揃え、相続人または代理人が出頭しなければならないので、

遺言書の作成は楽でも、その後の処理に手間がかかります。

 

②    公正証書遺言

公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。

遺言が無効になることや、偽造のおそれもありませんので、

相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。

また、原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえます。

公証人役場の手数料と、作成の際の証人が必要になります。

 

③    秘密証書遺言

ほとんど使われることはありませんが、遺言の内容を誰にも知られたくない場合に使われます。内容は秘密にできますが、作成後にそれが秘密証書遺言であることを公証人と証人に証明してもらわなければなりません。

――――――――――――――――――――――――――――

相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ

365日対応 土日・夜間の面談可能

〒650-0034 神戸市中央区京町67番 OTC神戸ビル6階

TEL:0120-834-677

https://souzoku-zeimu.com/

――――――――――――――――――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――――――――
相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ
365日対応 土日・夜間の面談可能
〒650-0034 神戸市中央区京町67番 KANJUビル6階
TEL:0120-834-677
https://souzoku-zeimu.com/
――――――――――――――――――――――――――――

不動産を相続する場合について

相続した財産の多くが不動産の場合、

相続税を支払う為に不動産の一部を売却しなければならないと思います。

 

被相続人が亡くなってから、相続税を支払うために慌てて

不動産の売却手続きをして、

きちんと相場の価格で売れるでしょうか?

 

土地(更地)の相続税評価額は、

およその時価の75~85%と言われていますので、

時価相場の金額で売却できさえすれば15~25%の利益が出る、と思いがちですが

そこから不動産会社への仲介手数料や、土地の境界確定・測量費用などの経費を支払わなくてはなりませんので、実際の利益はもっと少なくなります。

 

土地を売りに出しても、買ってくれる人が

居なければ売買契約は成立しません。

急いで売らなければならない為、

しかたなく相場の半額ほどで売却した例もあります。

 

もう一つ、不動産の売却をすると、売却利益が出た場合は相続税とは別に所得税が掛かる事にも注意が必要です。

相続税の節税の為に預貯金を不動産にしておき、

裏目に出てしまうケースはとても多いです。

 

景気の変動や運などにも左右されるところで、判断がとても難しいと言えます。

――――――――――――――――――――――――――――

相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ

365日対応 土日・夜間の面談可能

〒650-0034 神戸市中央区京町67番 OTC神戸ビル6階

TEL:0120-834-677

https://souzoku-zeimu.com/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
相続税に関するご相談なら神戸・大阪の相続税専門センターへ
365日対応 土日・夜間の面談可能
〒650-0034 神戸市中央区京町67番 KANJUビル6階
TEL:0120-834-677
https://souzoku-zeimu.com/
――――――――――――――――――――――――――――

こんなことではお困りではないですか? 一覧

お問い合わせ